「CBDオイルって?」

【大麻の成分】

大麻には大きく分けて「THC」「CBD」の2種類の成分があります。

THCとは(テトロヒドロカンナビノール)の略です。

多幸感を覚える。いわゆるハイになる作用を起こす成分です。

 

そしてもう一つの成分

・「CBD」カンナビジオールの略称。

・産業用大麻(ヘンプ)の茎や種から抽出されたオイルです。

・麻に含まれる成分のおよそ80種類のカナビノイドのうち、その薬理作用が最も高い成分がCBDです。

・THCと異なり、幻覚作用などはなく副作用も報告されておりません。

 

【成分】

・80種類以上の植物性カンナビノイドが含まれています。

※カンナビノイドは、麻草に含まれる薬効成分、化学物質の総称

 

【合法なのでは?】

・上記のテトラヒドロカンナビノール(THC)は含まれていないため法律でも違法なものではありません。

完全に合法的に購入・所持・使用できます。

・同じ大麻から取れますが成分が違うので違法ではありません。

 

【特徴】

・栄養補助食品なので子供からお年寄りまで使用できます。

日本国内ではCBDオイルは特定の疾患を治癒・治療する「医薬品」ではなく、健康食品(サプリメント)という扱いです。

 

【効果】

健康維持やリラックス効果があると言われています。

他にも

白血病、悪性リンパ腫、吐き気、糖尿病、アルツハイマー、アスペルガー症候群、

全身硬化症、パーキンソン病、骨粗しょう症、PSTD(心的外傷後ストレス障害)、

不眠、パニック障害、強迫性障害、注意欠陥障害、鬱病、極性障害、統合失調症

神経因性疼痛、神経変性疾患、多発性硬化症、肝臓疾患、腎疾患、心臓病、

月経前症候群(PMS)、ハンチントン病、線維筋痛症、過敏性腸症候群、内分泌疾患、

動脈硬化症、神経性無食欲症、抗生物質抵抗性、神経痛、後天性免疫不全症候群、

筋萎縮性側索硬化症、喘息、自閉症、大腸炎、緑内障、偏頭痛、てんかん

 

など上記を含む250種類以上の疾患に効果があると言われています。

by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA